Bacchusブログ

寒い日には熱燗で

熱燗の文化は、平安時代中期には既に始まっていたとされています。当時は、季節によって行われており、一年中、熱燗を飲むようになったのは江戸時代に入ってからだといわれています。

日本酒は温めることで、雑味を飛ばし、香りを際立たせることができます。熱燗にすることで、甘みが強まり、辛味が弱まる傾向があります。

人肌燗(35度~)ぬる燗(40度~)が最も香りを豊かに感じることができる飲み方です。

上燗(45度~)→熱燗(50度~)→とびきり燗(55度~)と温度が高くなるにつれ、日本酒の酸味が薄れ、辛口になる傾向があります。

逆に、冷や涼冷えは甘口が引き出され、フレッシュな飲み口となります。

古くからに日本で親しまれていた熱燗ですが、全ての日本酒が燗酒に合うわけではありません。日本酒のなかで、温めるのに向いているのは味が濃い目でとコクがしっかりしている本醸造酒と純米酒です。特定名称酒のなかには、そのほかにも大吟醸酒があります。大吟醸酒の特徴は、精米歩合50%以下の米を使うことによって引き出される、フレッシュで華やかな香りと繊細な味わいです。しかし、大吟醸特有の香りは、温めてしまうとせっかくの香りが飛んでしまうので熱燗には向いていません。

熱燗は健康的な日本酒の飲み方でもあるからです。日本酒に含まれているアルコールは、ビールやワインと比べると体を温めやすいのが特徴です。アルコールには、血管を拡張させて血流をよくする働きがあります。そのため、日本酒を温めて飲む熱燗は、冷え性や肩こりといった症状に効果的です。とくに寒い冬に飲むと体を温める効果が期待できるでしょう。

また、アルコールは基本的に体温に近い温度でよく吸収されます。つまり、冷酒で飲むとアルコールが吸収されるまで時間がかかってしまうのです。すると、なかなか酔いが回らず、ついつい飲み過ぎてしまうこともあります。熱燗で飲むと、アルコールがスムーズに体内へ吸収されるので酔いを感じやすく、飲み過ぎの予防になるでしょう。

適度な量の燗酒は血行を良くして体を温める効果が期待できるうえ、飲み過ぎの予防にもなります。ぜひ寒い冬は燗をつけて楽しんでみましょう。

関連記事

Comment

There are no comment yet.

PAGE TOP