Bacchusブログ

正月に飲む日本酒「お屠蘇(とそ)」とは?

正月に家族の無病息災を願って飲む「お屠蘇(とそ)」。名前は聞いたことがあっても、どんなお酒なのか知らない人も多いのではないでしょうか。

正月には、多くの家で家族や親戚が集まり、新しい一年の始まりを祝います。おせち料理やお雑煮などとともに、普段より少し高級な日本酒をたのしむ人も多いのではないでしょうか。では、私たちが普段飲んでいる日本酒とお屠蘇はどのように違うのでしょうか?

「お屠蘇」とは、日本酒やみりんに「屠蘇散(とそさん)」や「屠蘇延命散(とそえんめいさん)」と呼ばれる生薬を漬け込んだ薬草酒のこと。(酒税法上の清酒とは異なります。)「屠蘇散」の中身は、山椒(さんしょう)や 白朮(びゃくじゅつ)、桔梗(ききょう)、肉桂(にっけい)、防風(ぼうふう)などで、漢方薬として効能があるとされる生薬が5~10種類程度配合されています。「お屠蘇」は無病息災の願いを込めてお正月に飲まれる特別なお酒という事ですね。

「お屠蘇」は、じつは自宅でかんたんに作ることができます。必要な材料は「屠蘇散」と本みりん、日本酒の3つだけです。

「屠蘇散」は、年末ごろになると薬局やスーパーなどの店頭に並ぶほか、近年ではネット通販でも取り扱っています。価格も1包200円程度からと、手軽に購入することができます。みりんは、塩分が含まれている料理用のみりんではなく、本みりんを使用します。日本酒についてはとくに決まりはないため、好みのものを用意するとよいでしょう。

材料を用意したら、日本酒と本みりんを合計300ミリリットル程度になるように容器に量り入れます。半々よりも日本酒の割合が多いと淡麗な味わいに、本みりんの割合が多いと甘口の味わいになるため、好みに応じて調整しましょう。このなかに5~8時間程度を目安に「屠蘇散」1包を浸し、抽出後に取り出せば、「お屠蘇」の完成です。

自宅でも簡単に作れる「お屠蘇」、今まで飲んだ事の無かった方はぜひお試しください。

関連記事

Comment

There are no comment yet.

PAGE TOP