Bacchusブログ

酒屋や酒蔵にぶら下がっている丸い玉って?

酒屋や酒蔵にぶら下がっている丸い玉、それは杉玉と呼ばれます。                       杉玉(すぎたま、すぎだま)とは、スギの葉(穂先)を集めてボール状にした造形物で、酒林(さかばやし)とも呼ばれます。

杉玉の起源は奈良県にあるお酒の神様を祭ることで有名な大神神社の文化だったといわれています。大神神社は大和朝廷の神事の神酒(みき)を造るという大変重要は役割を担っていた神社です。そこでは、毎年11月14日の醸造安全祈願祭に神が宿るとされるスギで作った杉玉を飾ってきましたが、その習慣が江戸時代初頭から全国の酒蔵へ広まりました。大神神社がある三輪山周辺にはスギが多く自生し、三輪山のスギは聖なるものとされているため、スギを使った杉玉ができたとされています。

杉玉はおおむね2月~3月に飾られますが、この時期は新酒の季節であり、杉玉は「今年も新酒ができましたよ」という目印にもなります。吊るされたばかりの杉玉はまだ蒼々としていますが、やがて枯れて茶色に変化していきます。緑色(2月~6月頃)は新酒の季節、薄い緑(初夏~夏頃)は夏酒、枯れた茶色(秋頃)はひやおろしの季節というように、日本酒造りの時期と杉玉の色は同調しており、杉玉の色の変化が人々に新酒の熟成の具合を伝える役目も担っています。

関連記事

Comment

There are no comment yet.

PAGE TOP